読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雀荘の洗礼

友人たちとの身内麻雀に飽いた私は、バイト先への道中にある麻雀荘に目をつけます。店名は◯ー1、当時人気全盛だった格闘技団体をもじった店名です。 私はバイト帰りにその雀荘を睨みながら、(自転車にまたがりつつ)あの雀荘でおれにの腕を試してやるぜ!…

そして雀荘へ…

麻雀のテレビゲームに続き、リアルの麻雀にもハマった私たち。次の日がバイトだろうがお構い無しに週3日は徹夜で麻雀をしていました。 みんな自然と牌の扱いにもなれ、配牌などもスムーズに行えるようになります。しかし、私たちはずっとノーレート、一円も…

麻雀の難しさ

前回の続きです。麻雀牌を手に入れたものの、麻雀のルールが全く分かっていない私たち。友人のSが、古本屋から麻雀のハウツー本を買って戻ってきました。タイトルはあまり覚えていませんが、初めての麻雀とかそういう類いのものでした。 早速Sが麻雀の基本と…

実物の麻雀牌

前回の続きです。 あまりに麻雀牌が高く、手が出せなかった私たち。今なら楽天やアマゾンで探せば安いものは三千円くらいで買えるでしょうか。しかし、当時はネットショッピングはまだまだ普及はしていません。 Mも1人でプレイするテレビゲームの麻雀に飽き…

麻雀牌はどこに?

前回、テレビゲームの麻雀に私とその友人がハマったのは書きました。 しかし、テレビゲームの麻雀は当然1人プレイ専用。私たちは一局ごとにコントローラーを回してあとの人間は見物しながら、切る牌はこれだ、だの相手の危険牌はこれだ、だのやっていたわけ…

麻雀との出会い2

前回の続きです。友達のMがおそらく10時間以上ぶっ通しでやり続けていたゲーム「勝負師伝説 哲也」 この作品、もともとは少年マガジンに連載されていた漫画で、雀聖・阿佐田哲也氏をモデルにした雀士哲也が様々なイカサマ技を駆使しながら強敵を倒していく…

麻雀との出会い

前回の記事で書いたように、私は学童のスキー教室でギャンブルと出会い、小学生の頃は毎年スキー教室でお菓子を賭けたギャンブル大会に参加してたわけですが、普段はもちろん普通の子どもと同じようにマンガやTVゲームの好きな子どもとして小学校、そして中…

最初のギャンブル3

前回でチンチロリンにルールを大まかに説明しました。 私たち新一年生は上級生たちに盆に混ぜてもらい、生まれて初めてのギャンブル参戦と相成るわけです。チンチロリンの場に入った新一年生は私と当時1番仲の良かったY君の2人。人数は私たちを含めて6人でし…

最初のギャンブル2

前回の続きです。お菓子をチップにしてのギャンブル大会、私たち新一年生はそういうものがあるということを聞いていましたが、初めて目にするゲームについて全然わかりません。そこで上級生たちが、ゲームのルールを教えてくれながら一年生も参加させてくれ…

最初のギャンブル

私、ぎゃんたろうが人生で初めておこなったギャンブルについて書きたいと思います。まぁ、ギャンブルというのは定義が曖昧なもので、何百円、何千円の勝負なんざギャンブルじゃないよ!って人もいれば、ジュース1本おごるかおごられるかのジャンケン勝負も…

はじめに

名前 ぎゃんたろう生年 1984年出身 北関東経験職 雀荘メンバー、カジノディーラー、 パチンコ店員好きな種目 麻雀、バカラ、競輪はじめまして、ぎゃんたろうです。このブログでは私が今まで経験したギャンブルについてプレイヤー側、ハウス側からの視点も交…